1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 横浜・金沢区に交流施設開設へ 京急、モデルルーム改装

横浜・金沢区に交流施設開設へ 京急、モデルルーム改装

経済 | 神奈川新聞 | 2022年9月28日(水) 05:30

マンションのモデルルーム。改装してコミュニティー施設となる(京急電鉄提供)

 京浜急行電鉄(横浜市西区)は、同市金沢区に12月、地域住民がイベントなどに使えるコミュニティー施設「よりみちガーデン」を開設する。同社が販売していたマンション「プライム金沢文庫」のモデルルームをリニューアルして活用する。

 2021年3月にモデルルームとして開業した同施設では、マンション販売活動に加え、もともと地域イベントも開催していた。マンション完売に伴い役割を終えたため、リニューアルしてシェアキッチンやイベントスペースを新設。体験教室やサロンなど幅広い交流活動に対応する。

 また、京急と協働で施設を盛り上げるコミュニティーマネジャーを10月14日まで募集中。ボランティアとして、交流サイト(SNS)を通した情報発信やイベントの企画に携わる。

 沿線の同市南部地域で同社が取り組むまちづくり推進の一環。担当者は「継続的なコミュニティー形成を促し、地域活動の創出に寄与したい」と話している。(佐藤 百合)

京急電鉄(企業)に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング