1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 熱帯低気圧が発達、今後台風に 24日午後にも最接近

熱帯低気圧が発達、今後台風に 24日午後にも最接近

社会 | 神奈川新聞 | 2022年9月23日(金) 09:42

 横浜地方気象台は23日、発達する熱帯低気圧に関する新たな気象情報を発表した。今後、台風に変わり、24日午後に関東甲信地方へかなり接近するとして、25日にかけて土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意するよう呼びかけている。

 気象台によると、熱帯低気圧は23日午前6時時点で日本の南にあり、1時間におよそ30キロの速さで北へ進んでいる。中心気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。台風となり、24日午後に関東甲信地方へ接近後、25日朝までには東日本太平洋側で温帯低気圧に変わるとみている。

 神奈川県内では、暖かく湿った空気が入り込む影響で、雷を伴った激しい雨が降る見込み。先の台風14号による大雨で土砂災害の危険度が高まりやすくなっており、警報級の大雨になる可能性があるという。

 24日にかけて1時間30ミリの激しい雨の恐れがあり、同日朝までの24時間に東部の多い所で80ミリ、西部では100ミリを予想。その後、25日朝までの24時間では、東部、西部ともに50~100ミリを見込んでいる。

気象・天気に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング