1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜の京三製作所で放火 警備員に懲役12年 地裁判決

横浜の京三製作所で放火 警備員に懲役12年 地裁判決

社会 | 神奈川新聞 | 2022年11月28日(月) 20:20

横浜地裁

 横浜市鶴見区の京三製作所で2021年、工場2棟に放火したなどとして、現住建造物等放火などの罪に問われた大和市の無職の男被告(24)の判決公判で、横浜地裁(奥山豪裁判長)は懲役12年(求刑15年)の判決を言い渡した。25日付。

 奥山裁判長は判決理由で、被告は当時同製作所の警備員だったとして「職務上の知識を悪用して短時間で放火しており、悪質」と指摘。同製作所に生じた164億円を超える損害についても「財産的被害も甚大で、結果は重大」と述べた。

「同種事案の量刑でも重い部類」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

放火に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング